ラオスよりアジアゾウが京都に到着 2014年11月18日

    20141118085135raosu

    ラオスより11月17日、京都市動物園にアジアゾウの子供4頭が来園した。ゾウもできたての新しい宿舎に入り、落ち着いた様子を見せている。来年、国交樹立60周年を迎えることを記念する大事な取り組みを無事成功させた大野名誉領事、門川大作市長もまずの来園に喜びをみせた。

    現在ラオスでも子供のゾウは貴重な存在。そのゾウを京都市に4頭も寄贈頂いたことをしっかりと認識し、繁殖の研究や成果をしっかりとラオスと共有していきたいところ。またラオス間との今後の交流についても市とラオス政府の間を取り持った名誉領事は「ラオスは交通や上下水道整備が遅れ、乳幼児の死亡率が高いことなど多くの課題がある。市民にもラオスのためできることを考えてもらえれば」と話した。

    京都へのゾウ寄贈確認 門川市長がラオス訪問 2014年9月10日

    20140424234236zoukizou

    京都市の門川大作市長は24日、ラオスの首都ビエンチャン市でトンシン・タンマヴォン首相と会談し、市動物園へのアジアゾウ寄贈を正式に確認した。

    12月までに雄1頭を含む子ゾウ4頭が来園することが確実となり、国内では珍しいゾウの「群れ飼育」による繁殖研究が始まる。

    昨年の市動物園開設110周年と、来年の日本とラオスの国交樹立60周年を踏まえた事業。

    市は2年前から在京都ラオス名誉領事館などを通じラオス政府に働き掛け、昨年7月にゾウ寄贈の覚書を交わしていた。

    市動物園には12月ごろに来園し、来年3月には一般公開される見通し。

    ラオスの病院に車いす 砺波の食品会社 2台寄贈 2014年1月22日

     仕出し弁当や総菜などを製造販売するふたつわ食品(砺波市太田)は二十日、ラオスのルアンパバーン県立病院に贈る車いす二台を、南砺ラオス会に預けた。車いすは来月、南砺ラオス会員九人が現地を訪れて病院に届ける。(萩原誠)

     南砺ラオス会の片岸博会長が砺波市栄町の食品事務所を訪れ、五島辰夫社長が車いす二台を手渡した。片岸会長は「ラオスの子どもたちや市民と交流しながら贈り物を続けて十年がたつ。会の活動に賛同いただきありがたい」と感謝した。

     南砺ラオス会の会員が同食品に勤めており、五島社長は「継続的に草の根交流を続けている会の活動は素晴らしい。南砺市田中にも事務所を置く企業として、社会貢献の一環で支援したい」と話した。

     南砺ラオス会はJA福光青年部吉江支部が五十周年記念事業としてラオスで運動会を開いたのをきっかけに、二〇〇五年から毎年、ラオスに文房具などを届ける支援を続けている。現地の病院に医療用具を贈るのは初めて。今年は会員九人が二月二~八日にラオスを訪問する。